NFTアートの出品方法と手数料(ガス代)を7分で解説【初心者向け】

  • 2022.02.17
  • 2022.07.06
  • NFT
NFTアートの出品方法と手数料(ガス代)を7分で解説【初心者向け】

この記事でわかること

● OpenSeaでのNFTアートの出品方法と手数料が7分でわかる
● 出品にかかる手数料(ガス代)の金額(2022年6月13日現在)がわかる

執筆者が実際に出品した時の流れを書いているのでリアルでわかりやすい

  • NFTアートの出品方法がわからない
  • 出品にかかる手数料(ガス代)っていくらなの?
  • どのサイトの出品方法を見てもイマイチわからない

こんなお悩みを解決します。

イチ
イチ

初めての向けにカンタンな言葉で説明するから安心してね

そもそもNFTって何?という方はこちらの記事をご覧ください。
>>【初心者向け】NFTとは?わかりやすく解説!始め方・販売・購入・投資方法完全ガイド

記事を書いた本人が自分の作品をNFTアートとして出品した時の流れをそのまま解説します。
出品にかかる手数料(ガス代)についても具体的に触れているので、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人
● 都内某企業の制作部門マネージャー。 DTP、Web、設計などを手がける
● 2021年12月 OpenSeaで『Ichi Collection』設立
● OpenSeaで実際にNFTアートを出品。今後、コレクティブル作品も展開予定

NFTアートを出品する流れは以下の5つです。

  1. 仮想通貨口座の開設・仮想通貨の購入
  2. ウォレット(財布)を作り、仮想通貨を入金
  3. OpenSea(出品するお店)に登録
  4. OpenSeaでコレクションを作る
  5. NFTアートを登録・出品し、手数料(ガス代)を払う

この5ステップで誰でもかんたんに出品・販売ができます。

NFTの出品や売買には、仮想通貨口座と仮想通貨が必要です

NFTの出品や売買にはイーサリアムをはじめとした仮想通貨が必要です。
仮想通貨はコインチェックなどの取引所で購入できますよ。

イチ
イチ

今だけ 『口座開設&入金で1500円分のビットコイン』がもらえるよ!

>>キャンペーンの詳細はこちらからご覧ください

  1. 本人確認と入金完了で1500円分のビットコインがもらえます!
  2. 72時間以内に1円でも入金すればOK!
  3. 7/1(金)〜9/30(金)までの期間限定!予算消化しだい終了!
  4. 口座開設無料】申請手続きは最短10分で完了!

【10分で無料口座開設】コインチェック公式ページから口座開設する>>

イチ
イチ

休憩時間の10分で口座開設して1500円分のビットコインをもらっちゃいましょう!
1円でもいいので72時間以内に入金しておけばOKだよ!

悩む人
悩む人

口座開設って承認に時間かかる?

イチ
イチ

僕は朝に申請して、その日の昼前ぐらいには承認おりたよ!めっちゃ早い!

コインチェック

>>コインチェック公式サイトを見る

イチ
イチ

NFT?何それ?という方は5分でわかる以下の記事をご覧ください。

NFTとは?わかりやすく解説!始め方・販売・購入・投資方法完全ガイド【初心者向け】 NFTとは?わかりやすく解説!始め方・販売・購入・投資方法完全ガイド【初心者向け】 NFTに興味あるけど「調べても難しくてわからない」「始めるまで大変そう…」とお悩みの方。 この記事ではNFTとは何か?から、NFTのかんたんな始め方、NFTの作り方、販売、購入方法、NFTで稼ぐ方法まで丸ごと分かりやすく解説しています。 専門用語だらけで分からなかった方も、この記事を読めば今日からNFTを始められます。

 

出品・販売したいNFTアートを準備

出品・販売する作品を準備します。
過去に購入したNFTを再販することもできます。

販売できるファイル形式は下記の通りです。

ファイル形式ファイルの種類
イラストJPG, PNG, GIF, SVG
動画MP4, WEBM
音楽MP3, WAV, OGG
3DモデルGLB, GLTF
最大ファイルサイズ:40MBまで

OpenSeaでコレクションを作る

まず、アート作品を収録しておく作品帳(コレクションと言います)を作成します。

以下の3ステップです。

  1. コレクションの各画像を登録
  2. コレクションの名前・概要を登録
  3. 取引条件・表示方法を設定

OpenSea公式ページ(https://opensea.io/?locale=ja)にアクセス

画面右上の自分のアイコンをクリックし「My Collections」をクリックします。

「Create a collection」をクリックします。

コレクションの各画像を登録

最初にロゴ・アイキャッチ・バナー画像を登録します。
英語で書いてありますが内容はかんたんです。

● Logo image : ロゴのアイコン画像を設定
● Featured image : アイキャッチ画像を設定
● Banner image : コレクションページ一番上のバナー画像を設定

コレクションの名前・概要を登録

続いてコレクションの名前や概要を登録していきます。

コレクションの名前・URL・説明を登録

● Name : コレクション名
● URL : 自分のコレクションのURLを設定
● Description : コレクションの内容説明

イチ
イチ

自分のコレクションの名前やアドレスを決めるってことですね!

NFTアートのカテゴリー・SNSリンクを設定

ここでは出品するNFTアートのカテゴリーやSNSのリンクを設定します。

● Category : 出品するNFTアートのカテゴリーを設定
● Links : 自分のブログやTwitter、各種SNSのリンクを設定

出品するカテゴリーを選ぶ
イチ
イチ

「Category」では出品する作品に沿ったカテゴリーを選びましょう!
作品を探しているユーザーが作品を見つけやすくなります。

自分のブログやSNSを登録する

「Links」には自身のブログやSNS・外部リンクがあれば登録します。

取引条件・表示方法を設定

次にロイヤリティ(※)や、アートの取引に使う仮想通貨を設定します。

ロイヤリティとは

作品が転売された時に原作者(アートを最初に売った人)に入ってくる利益のこと。

イチ
イチ

転売されるたびに決めた利率で何度でもロイヤリティは入ってきます

ロイヤリティ(転売時の販売利益)の利率設定

イチ
イチ

設定は最大値の10%でOKです!

メタマスク(仮想通貨の財布)のアドレスを入力

この3ステップで完了です。

  1. メタマスクを起動
  2. メタマスクのアカウント名にカーソルを乗せ、アドレスコピー
  3. 『Your payout wallet address』にペースト

手順は以下の通りです。

アートの取引に使う仮想通貨を設定

取引に使う仮想通貨を設定します。
2021年12月現在、「Ethereum・Polygon」の2つから選べます。

Ethereum(イーサリアム)とPolygon(ポリゴン)の違い

● Ethereum : 初回出品時にガス代という出品手数料が必要。NFTとして価値が高い
● Polygon : 無料で出品できる。NFTとしての価値は低い

悩む人
悩む人

え…?結局どっちがいいの?

イチ
イチ

気軽にやるならPolygon(ポリゴン)、将来的な価値を考えるならEthereum(イーサリアム)がおすすめ!

BlockChainの設定

上記の基準から自身に合った仮想通貨を選択しましょう。
今回はEthereumを選択しました。

Payment tokenの設定

上記にならってEthereum(ETH)を選択。

アートの表示方法を設定

表示テーマを設定

『Display theme』から好みのものから選択しましょう。
今回は『Contained』を選びました。

Explicit & sensitive contentの設定

出品作品が過激・センシティブなものに当たる場合はこちらをチェック。
最後に『Create』をクリックすればコレクションの作成は完了です。

NFTアートを登録・出品し、手数料(ガス代)を払う

コレクションにNFTアートを登録

先程作成したコレクションにNFTアートにするファイル、その関連情報を登録していきます。

画面右上の『Create』をクリック。

NFTアートの画像・情報を入力

出品するNFTアートのファイルを登録。
続いて名前、外部リンク、説明を入力します。

● Name : NFTアート名
● External Link : 外部リンクのことです。自分のブログやHPを登録
● Description : NFTアートの内容説明

コレクションと詳細情報を設定

先程作成したコレクションを選択します。

イチ
イチ

『Select collection』以降の項目は詳細設定も可能ですが、そのままでもOKです

この部分については、記事をアップデート予定です。お楽しみに!

初回は『Supply(NFT供給量)という項目のみ『1』に設定しておけばOKです。

取引に使う仮想通貨を設定

EthereumかPolygonのどちらかを選択します。
今回はEthereumで設定しました。

NFTアート登録情報を確定

最後に『Create』をクリックすればNFTアートの登録は完了です。

NFTアートを出品・販売する

先程登録したNFTアートをいよいよ出品・販売していきます。

NFTの販売方法は2通り

OpenSeaでのNFT販売方法には以下の2種類があります。

● Fixed Price : 固定価格で販売
● Timed Auction : オークションで販売

今回は固定価格で販売する場合のやり方を解説します。

NFTアートを販売する

ここからは出品登録したNFTアートを販売していきます。

登録済みのNFTアート画面の「Sell」をクリック。

販売価格・スケジュールを設定

前項で解説した販売方法を選択。
ここではFixed Price(固定価格で販売)を選択します。

続けて、NFTアートの価格や販売スケジュール、その他の情報を設定します。

Price : いくらで売るのかを設定します。
Schedule listing : NFTアートを販売するスケジュールを決めます。

「More Options」で他にも細かく設定できますが、回は上記の「価格」「期間」だけ設定すればOKです。


上記の項目を埋めたら『Complete listing』をクリック。

手数料を払う

初回出品時の手数料(ガス代)を支払う

先程の手順で『Complete listing』をクリックすると以下の画面に切り替わります。

この上二つの項目(Initialize〜とApprove〜)がワンセットになっていて、ここで一度きりの手数料がかかってきます。

● Initialize your wallet:ウォレット(仮想通貨の財布に当たるもの)の初期化費用
● Approve this item for sale:作品を売るための承認費用

別ウインドウでメタマスクの画面が表示されるので、ガス代(手数料)の額を確認の上、『確認』をクリック。
ガス代は日本円で約5,000〜10,000円前後(2022年6月13日現在)(※)かかります。

イチ
イチ

ガス代は時価なので安くなる日時で出品がおすすめです!

※全時間帯のおおよその平均値。あくまで目安としてお考えください。ガス代(手数料)は時価なので曜日、時間帯、条件によって変動します。表示価格は初出品時の出品手数料のみ。メタマスクへの送金手数料は別途かかります。

メタマスクに署名する

1番、2番の処理が終わると、メタマスクが上記の画面に切り替わるので『署名』をクリック。

処理が終わるとこのような画面が表示されます。

これでNFTアートの出品は完了です。
大変お疲れ様でした!

NFT出品にかかる手数料(ガス代)っていくら?

日本円で約5,000〜10,000円前後(2022年6月13日現在)を推移しています。
※あくまで上記は目安です。イーサリアムは時価なので需要が高まると一気に暴騰する場合もあります。

イチ
イチ

出品するなら日曜、金曜の午後の時間帯がガス代が安くて狙い目!

※価格はあくまで目安としてお考えください。ガス代(手数料)は時価なので曜日、時間帯、条件によって変動します。表示価格は初出品時の出品手数料のみ。メタマスクへの送金手数料は別途かかります。

ガス代のチャートサイト『EthereumPrice』が参考になります。

出典:EthereumPrice

私が『OpenSea(※)』でNFTアート初出品時に実際に見ていたサイトです。
こちらを参考にガス代の安い時間帯を狙って出品するのがおすすめ。

※=NFTを売り買いできるお店

>EthereumPrice公式ページ

出典:ethereumprice.org

まとめ

NFTアートをOpenSeaで出品・販売する方法について解説してきました。

この記事でわかること

● OpenSeaでのNFTアートの出品方法と手数料が7分でわかる
● 出品にかかる手数料(ガス代)の金額(2022年6月13日現在)がわかる

執筆者が実際に出品した時の流れを書いているのでリアルでわかりやすい

ぜひ、この機会に自分のNFTアートを世に送り出し、クリエイターとして新たな一歩を踏み出していきましょう。

NFTの出品や売買には、仮想通貨口座と仮想通貨が必要です

NFTの出品や売買にはイーサリアムをはじめとした仮想通貨が必要です。
仮想通貨はコインチェックなどの取引所で購入できますよ。

イチ
イチ

はじめての方にはかんたん10分で無料口座開設できるコインチェックがおすすめ!!

  1. 仕事の休み時間中にスマホでもできる!
  2. 申請〜本人確認手続きは最短10分!
  3. 印鑑不要!かんたん&Webで完結
悩む人
悩む人

最初ってどのぐらい入金した?

イチ
イチ

僕は1万円ぐらい(笑)
今はイーサリアムが安いから早めに入金したほうがお得だよ!

コインチェック

>>コインチェック公式サイトを見る

コインチェック(Coincheck)の口座開設方法と本人確認までくわしく解説 コインチェック(Coincheck)の口座開設方法と本人確認までくわしく解説 資産運用やNFTの売買方法として仮想通貨(暗号資産)が注目を集めていますが、初めては誰でも難しく感じてしまうものですよね。この記事では本人確認書類があれば10分でできるCoincheck(コインチェック)の口座開設・登録方法を詳しく解説しています。
【最短10分で完了】ビットフライヤーの口座開設方法 【最短10分で完了】ビットフライヤーの口座開設方法 最短10分でビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法がわかります。 しかもたったの3ステップで開設申請完了!「ビットフライヤーの口座の作り方ってどうやるの?」「申し込みしてから、どのぐらいで口座開設できるの?」と言うお悩みをお持ちのNFTをやってみたいクリエーターさん、仮想通貨初心者さん向けの記事です。

当ブログではNFTのはじめ方から、NFTの購入方法、NFTをはじめるために必要な仮想通貨口座の開設方法などをまとめています。

NFTとは?わかりやすく解説!始め方・販売・購入・投資方法完全ガイド【初心者向け】 NFTとは?わかりやすく解説!始め方・販売・購入・投資方法完全ガイド【初心者向け】 NFTに興味あるけど「調べても難しくてわからない」「始めるまで大変そう…」とお悩みの方。 この記事ではNFTとは何か?から、NFTのかんたんな始め方、NFTの作り方、販売、購入方法、NFTで稼ぐ方法まで丸ごと分かりやすく解説しています。 専門用語だらけで分からなかった方も、この記事を読めば今日からNFTを始められます。
【実録】NFTの購入方法をわかりやすく解説!OpenSeaでのNFTの買い方 【実録】NFTの購入方法をわかりやすく解説!OpenSeaでのNFTの買い方 世界中で話題になっているNFTを世界最大のNFTマーケット『OpenSea』で購入する方法を詳しく解説。 どうやってNFTアートを買うのか手順を知りたい方。購入で失敗したくない、購入する時の注意点を知りたい方向けに、NFTアートの購入手順を画像付きでどこよりも分かりやすく説明。購入時のリアルな注意点も満載です。